Dec , 2003

Debian-OP-Man.htm

 

CC/NET: SBC操作マニュアル、Debian

 

(http://www-online.kek.jp/~inoue/para-CAMAC/Work/Debian-OP-Man.htm)

 

高エネルギー加速器研究機構

素粒子原子核研究所

物理第3、オンライン

 

井上 栄二

 

 

1.   使用を始める前に

1−1. 使用上の注意

 

2.   CC/NET使用環境設定

2−1. CC/NETの設置

2−2. システム再設定

 2−2−1.  /etc/hosts の修正

 2−2−2.  /etc/hostname の修正

 2−2−3.  /etc/resolv.conf の修正

 2−2−4.  /etc/network/iterfaces の修正

2−3.  ユーザ登録

 2−3−1.  /etc/passwd/etc/shadow の修正

 2−3−2.  /etc/group の修正

 2−3−3.  /home/user-directory の作成

 

3.   アプリケーション開発環境設定

3−1.  他のマシンのディスク資源をNFSマウント

 3−1−1.  NFSサーバ側(資源を提供するマシン)での操作

 3−1−2.  NFSクライアント側(CC/NETSBC)での操作

 

4.   システム復旧

4−1.  ハードウェア接続

4−2.  KNOPPIXシステムの起動

4−3.  Root特権の取得

4−4.  コンパクトフラッシュの準備

 4−4−1.  パーティショニング

 4−4−2.  ファイルシステムの作成

 4−4−3.  ファイルシステムのマウント

4−5.  復旧用ファイルの展開

4−6.  GRUBのセットアップ

4−7.  KNOPPIXシステムの停止

4−8.  作成したコンパクトフラッシュを起動

 

5.   CC/NET用のLinuxシステムの入手

5−1.  公開サイト上にファイル

 

 

 

 

 

1.   使用を始める前に

 

CC/NETに実装されているSingle Board Computer(以降SBCと呼ぶ)の使用を始める前に注意すべきことを述べる。

 

 

1−1. 使用上の注意

 

       CC/NETに内蔵しているSBCは記憶装置としてコンパクトフラシュを使用している。 コンパクトフラッシュはその構造上、書き込み回数に限界がある。  Linuxシステムがコンパクトフラッシュへ自動的に書き込みを行うのを避ける方法をとらないと、コンパクトフラッシュを破壊してしまう。 そのための手段としてCC/NETではファイルシステムの一部をRAMディスク化して使用している。 CC/NETRAMディスク化してあるのは、/var および /tmp のみである。 それ以外のディレクトリは書き込み可能な状態になっている。 書き込み可能な場所へ、ユーザが意識的に書き込むと、コンパクトフラッシュの破壊につながるので避けるべきである。 

 

ユーザがアプリケーションプログラムを開発する際に、コンパトフラッシュ上の空き領域を使用すべきではない。 上で述べた理由による。 アプリケーションプログラムの開発は、他のマシンのディスク資源をCC/NETNFSマウントし、その部分で作業を行うこと。 

 

 

2.   CC/NET使用環境設定

 

CC/NET上に実装されているSBCには、 512MBサイズのコンパクトフラッシュが装着してあり、この中にDebian GNU/Linux 3.0のシステムがインストールしてある。 このLinuxシステムには、CC/NETCAMACのデータ収集を行うのに必要な最小限のパッケージのみがインストールしてある。 CC/NETの使用を始める前に、ユーザの環境に合わせて設定しておくべきことがいくつかある。 Linuxシステムでは linuxconfnetconfコマンドを使ってネットワーク環境の設定をすることができる。 CC/NETでもこれらのコマンドを使用することは可能である。 いずれのコマンドを使用した場合でもコマンドの実行時に編集するファイルは同じである。 編集すべきファイルを手動で行う方法を以下に示す。

 

 

2−1.  CC/NETの設置

 

CAMACクレートの電源をオフにしてから、CC/NETCAMACクレートに装着する。 CC/NETSBC上のLinuxシステムがネットワークにつながるようにするためには、ユーザのネットワーク環境に合わせてシステム設定をし直さなければならない。  このシステム再設定を行うために、SBCをローカルに動作させる環境が必要である。 このために必要なものは、VGAコネクタ付きのPC用のモニタ、キーボードである。 CC/NETのフロントパネルには、VGAコネクタおよびPS/2コネクタが設けてある。 それぞれのコネクタに、用意したモニタ、キーボードを接続する。

 

 以上の準備が整ったら、モニタの電源をオンにする。 続いてCAMACクレートの電源をオンにして、CC/NETSBC上のLinuxシステムを起動させる。

 

 Linuxシステムが立ち上がるとログインプロンプトが表示される。 ここでユーザ名を入力してログインする。 出荷時に登録されているユーザ名は toyorootのみである。 どちらのユーザ名のパスワードも、*****に設定してある。 

 

 

2−2. システム再設定

 

      CC/NETLinuxシステムの設定を、出荷時の状態からのユーザの環境に合わせて再設定するには /etcの下のファイルを修正することで行う。 

 

 

 2−2−1.  /etc/hosts の修正

 

エディタを使用して/etc/hostsファイルを修正する。 使用者の環境に合わせてIPアドレスおよびホスト名を記述する。

 

xyzsbc1:/etc# pwd

/etc

xyzsbc1:/etc# vi hosts

#127.0.0.1      xyzsbc1 localhost

127.0.0.1       localhost

130.87.*.*      xyzsbc1      ß この行を、ユーザの環境に合わせて修正

 

# The following lines are desirable for IPv6 capable hosts

# (added automatically by netbase upgrade)

 

::1     ip6-localhost ip6-loopback

fe00::0 ip6-localnet

ff00::0 ip6-mcastprefix

ff02::1 ip6-allnodes

ff02::2 ip6-allrouters

ff02::3 ip6-allhosts

xyzsbc1:/etc#

 

 

 2−2−2.  /etc/hostname の修正

 

エディタを使用して/etc/hostnameファイルを修正する。 使用者の環境に合わせてホスト名を記述する。

 

xyzsbc1:/etc# pwd

/etc

xyzsbc1:/etc# vi hostname

xyzsbc1

xyzsbc1:/etc#

 

 

 2−2−3.  /etc/resolv.conf の修正

 

/etc/resolv.confファイルを修正する。 ここには使用者の環境に合わせてDNS ドメイン名とネームサーバのIPアドレスを指定する。

 

xyzsbc1:/etc# pwd

/etc

xyzsbc1:/etc# vi resolv.conf

search any.jp        ß この行を、使用者の環境に合わせて修正

nameserver 130.87.*.*     ß この行を、使用者の環境に合わせて修正

nameserver 130.87.*.*     ß この行を、使用者の環境に合わせて修正

nameserver 130.87.*.*     ß この行を、使用者の環境に合わせて修正

xyzsbc1:/etc#

 

 

 2−2−4.  /etc/network/interfaces の修正

 

/etc/network/interfacesファイルの修正

 

/etc/network/interfacesファイルを修正し、使用者の環境に合わせてデフォルト経路を設定する。 ホスト名もここで設定しておく。

 

xyzsbc1:/etc/network# pwd

/etc/network

xyzsbc1:/etc/network# vi interfaces

# /etc/network/interfaces -- configuration file for ifup(8), ifdown(8)

 

# The loopback interface

auto lo

auto eth0

iface lo inet loopback

iface eth0 inet static

address 130.87.*.*     ß この行を、ユーザの環境に合わせて修正

netmask 255.255.*.*    ß この行を、ユーザの環境に合わせて修正

network 130.87.*.*               ß この行を、ユーザの環境に合わせて修正

broadcast 130.87.*.*    ß この行を、ユーザの環境に合わせて修正

gateway 130.87.*.*               ß この行を、ユーザの環境に合わせて修正

xyzsbc1:/etc/network#

 

 

ここで /etc/init.d/networking を実行してネットワークインターフェースを有効にする。 

 

xyzsbc1:/etc/network# /etc/init.d/networking restart

 

もしくは、システムをリブートすると、ネットワークを通してCC/NETSBC上のLinuxシステムを使用することが可能になる。 リモートからCC/NETにログインするにはsshを使用する。

 

 

 

2−3.  ユーザ登録

 

使用者の環境に合わせてユーザの登録を行う。 ユーザの登録を行うコマンドはいくつか用意されている。 useraddaddusernewuserlinuxconf 等である。 通常、システムの管理者が使い易いコマンドを使用してユーザ登録を行うことになる。 いずれのコマンドを使った場合も編集しているファイルは同じである。 ここでは、ユーザ登録時に編集すべきファイルを手動で編集する方法を示す。

 

 2−3−1.  /etc/passwd/etc/shadow の修正

 

   vipwコマンドを使用して/etc/passwdファイルおよび/etc/shadowファイルを編集する。

 

xyzsbc1:/home/toyo# vipw

root:x:0:0:root:/root:/bin/bash

daemon:x:1:1:daemon:/usr/sbin:/bin/sh

bin:x:2:2:bin:/bin:/bin/sh

                               

                               

toyo:x:1000:1000:Toyo Corporation,,,:/home/toyo:/bin/bash

newuser:x:1001:1001:User add test,,,:/home/newuser:/bin/bash

ß newuserの項目を追加する

ß <shift-z><shift-z>を押してエディタを終了する

~

/etc/passwd.edit: 24 lines, 990 characters

xyzsbc1:/home/toyo#

      

xyzsbc1:/home/toyo# vipw –s

root:.qLykMde8vrFY:12347:0:99999:7:::

daemon:*:12347:0:99999:7:::

bin:*:12347:0:99999:7:::

                               :

                               :

toyo:neZe3IV/4fjY6:12347:0:99999:7:::

newuser: .qLykMde8vrFY:12347:0:99999:7:::

ß newuserの項目を追加する

ß パスワードはここではrootと同じにしておく

ß <shift-z><shift-z>を押してエディタを終了する

      

/etc/shadow.edit: 24 lines, 667 characters

xyzsbc1:/home/toyo#

 

 

 2−3−2.  /etc/group の修正

 

/etc/groupファイルを修正してnewuserの項目を追加する。

 

xyzsbc1:/home/toyo# vigr

root:x:0:

daemon:x:1:

bin:x:2:

                     :

                     :

toyo:x:1000:

newuser:x:1001:

ß newuserの項目を追加する

ß <shift-z><shift-z>を押してエディタを終了する

    

/etc/group.edit: 39 lines, 457 characters

xyzsbc1:/home/toyo#

        

xyzsbc1:/home/toyo# vigr -s

root:*::

daemon:*::

bin:*::

                     :

                     :

toyo:!::

newuser:!::

ß newuserの項目を追加する

ß <shift-z><shift-z>を押してエディタを終了する

    

/etc/gshadow.edit: 39 lines, 381 characters

xyzsbc1:/home/toyo#

 

 

 2−3−3.  /home/user-directory の作成

 

新たに作成したnewuser用のホームディレクトリを作成する。

 

xyzsbc1:/home# pwd

/home

xyzsbc1:/home# mkdir newuser

xyzsbc1:/home# chown newuser:newuser newuser

xyzsbc1:/home# ls -l

total 2

drwxr-sr-x    2 newuser  newuser      1024 Dec  1 10:13 newuser

drwxr-xr-x    7 toyo     toyo         1024 Nov 12 15:17 toyo

xyzsbc1:/home#

 

ログインの実行およびパスワードの設定

 

作成したnewuserのアカウントでログインし、パスワードを設定する。 ユーザ環境設定ファイルも作成する。

 

xyzsbc1:/home# ssh newuser@xyzsbc1

ß newuserのアカウントでログインする

newuser@xyzsbc1's password:

ß ここでrootのパスワードを入力する

Linux xyzsbc1 2.4.18-bf2.4 #1 Son Apr 14 09:53:28 CEST 2002 i586 unknown

 

Most of the programs included with the Debian GNU/Linux system are

freely redistributable; the exact distribution terms for each program

are described in the individual files in /usr/share/doc/*/copyright

 

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent

permitted by applicable law.

newuser@xyzsbc1:~$ pwd

/home/newuser

ß newuserのアカウントでログインできた

newuser@xyzsbc1:~$

ß newuser用のパスワードを変更する

newuser@xyzsbc1:~$ passwd

Changing password for newuser

(current) UNIX password:

Enter new UNIX password:

Retype new UNIX password:

passwd: password updated successfully

newuser@xyzsbc1:~$

ß新たに設定したnewuser用のパスワードを

使ってログインしてみる

newuser@xyzsbc1:~$ ssh newuser@xyzsbc1

The authenticity of host 'xyzsbc1 (123.*.*.*)' can't be established.

RSA key fingerprint is 12:34:56:78:90:ab:cd:ef:gh:ij:kl:mn:op:qr:st:uv.

Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes

Warning: Permanently added 'xyzsbc1,123.*.*.*' (RSA) to the list of known hos

ts.

newuser@xyzsbc1's password:

Linux xyzsbc1 2.4.18-bf2.4 #1 Son Apr 14 09:53:28 CEST 2002 i586 unknown

 

Most of the programs included with the Debian GNU/Linux system are

freely redistributable; the exact distribution terms for each program

are described in the individual files in /usr/share/doc/*/copyright

 

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent

permitted by applicable law.

Last login: Mon Dec  1 10:33:28 2003 from xyzsbc1

newuser@xyzsbc1:~$ pwd

/home/newuser

newuser@xyzsbc1:~$ who

toyo     pts/0        Dec  1 08:51 (xyzsun3.doko.jp)

newuser  pts/1        Dec  1 10:33 (xyzsbc1)

newuser  pts/2        Dec  1 10:38 (xyzsbc1)

newuser@xyzsbc1:~$

 

 

ユーザ環境ファイルの設定

 

ユーザ環境設定ファイルを作成する。

 

newuser@xyzsbc1:~$ pwd

/home/newuser

newuser@xyzsbc1:~$ ls -la

total 3

drwxr-sr-x    3 newuser  newuser      1024 Dec  1 10:38 .

drwxrwsr-x    4 root     staff        1024 Dec  1 10:13 ..

drwx--S---    2 newuser  newuser      1024 Dec  1 10:38 .ssh

newuser@xyzsbc1:~$  ls -la /etc/skel

newuser@xyzsbc1:~$ ls -la /etc/skel

total 9

drwxr-xr-x    2 root     root         1024 Oct 22 10:33 .

drwxr-xr-x   44 root     root         3072 Dec  1 10:37 ..

-rw-r--r--    1 root     root          266 Apr  2  2002 .alias

-rw-r--r--    1 root     root          509 Apr  9  2002 .bash_profile

-rw-r--r--    1 root     root         1093 Apr  9  2002 .bashrc

-rw-r--r--    1 root     root          375 Apr  2  2002 .cshrc

newuser@xyzsbc1:~$ cp /etc/skel/.b* .

newuser@xyzsbc1:~$ ls -la

total 6

drwxr-sr-x    3 newuser  newuser      1024 Dec  1 10:53 .

drwxrwsr-x    4 root     staff        1024 Dec  1 10:13 ..

-rw-r--r--    1 newuser  newuser       509 Dec  1 10:53 .bash_profile

-rw-r--r--    1 newuser  newuser      1093 Dec  1 10:53 .bashrc

drwx--S---    2 newuser  newuser      1024 Dec  1 10:38 .ssh

newuser@xyzsbc1:~$ source .bashrc

newuser@xyzsbc1:~$ env

PWD=/home/newuser

PS1=\u@\h:\w\$

USER=newuser

LS_COLORS=no=00:fi=00:di=01;34:ln=01;36:pi=40;33:so=01;35:do=01;35:bd=40;33;01:c

d=40;33;01:or=40;31;01:ex=01;32:*.tar=01;31:*.tgz=01;31:*.arj=01;31:*.taz=01;31:

*.lzh=01;31:*.zip=01;31:*.z=01;31:*.Z=01;31:*.gz=01;31:*.bz2=01;31:*.deb=01;31:*

.rpm=01;31:*.jar=01;31:*.jpg=01;35:*.jpeg=01;35:*.png=01;35:*.gif=01;35:*.bmp=01

;35:*.pbm=01;35:*.pgm=01;35:*.ppm=01;35:*.tga=01;35:*.xbm=01;35:*.xpm=01;35:*.ti

f=01;35:*.tiff=01;35:*.mpg=01;35:*.mpeg=01;35:*.avi=01;35:*.fli=01;35:*.gl=01;35

:*.dl=01;35:*.xcf=01;35:*.xwd=01;35:*.ogg=01;35:*.mp3=01;35:

MAIL=/var/mail/newuser

SSH_CLIENT=123.45.67.8 32775 22

LOGNAME=newuser

SHLVL=1

SHELL=/bin/bash

HOME=/home/newuser

TERM=vt100

PATH=/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/bin/X11:/usr/games

SSH_TTY=/dev/pts/2

_=/usr/bin/env

newuser@xyzsbc1:~$

 

 

ここで newuserのアカウントでログインすることができる。

 

アプリケーション開発を行う場合には以下の項目()の操作もやっておくこと。

 

 

3.   アプリケーション開発環境設定

 

CC/NETに実装されているSBCの記憶装置として使用しているコンパクトフラッシュは、読み出し専用として使用することを想定している。 そうしないとコンパクトフラッシュの書き込み限界回数を超えてしまって破壊されてしまう。 アプリケーション開発作業のための記憶装置には、他のマシンのディスク資源をNFSマウントして使用するのが適切である。 以下にそのための設定の仕方を示す。

 

 

3−1.  他のマシンのディスク資源をNFSマウント

 

他のマシンのディスク資源を、NFS マウントしてCC/NETSBC上のLinuxシステムで利用するには、資源を提供するマシンと、資源を利用するCC/NET側で、それぞれ以下のような操作が必要である。

 

 

 3−1−1.  NFSサーバ側(資源を提供するマシン)での操作

 

NFSサーバマシンのディスク資源をCC/NETSBC上のLinuxシステムにサービスするために、エディタを使用して /etc/exportsファイルを編集する。

 

.  ここに示したのは、Red Hat 7.3 のシステムが動作しているサーバマシンのディスク資源を利用する場合の例である。

 

[root@xyzserver etc]# pwd

/etc

[root@xyzserver etc]# vi exports

/home9/nfs-wrk      xyzsbc1.any.jp(rw)

/home9/nfs-wrk      xyzsbc2.any.jp(rw)

[root@xyzserver etc]#

 

次のコマンドを使用してNFSデーモンを起動する。

 

[root@xyzserver etc]# /sbin/service nfs start

 

参考. 

NFSデーモンを停止するには次のコマンドを使用する。

 

[root@xyzserver etc]# /sbin/service nfs stop

 

 

3−1−2.  NFSクライアント側(CC/NETのSBC)での操作

 

リモートマシン xyzpara のディスク資源 /home9/nfs-wrk を、CC/NETSBC上で動作しているLinuxシステムの /mntディレクトリに、マウントする例を以下に示す。

 

xyzsbc1:~# df -k

Filesystem           1k-blocks      Used Available Use% Mounted on

/dev/hdc1               484602    450985      8595  99% /

xyzsbc1:~# mount xyzpara:/home9/nfs-wrk /mnt

xyzsbc1:~# df -k

Filesystem           1k-blocks      Used Available Use% Mounted on

/dev/hdc1               484602    450985      8595  99% /

xyzpara:/home9/nfs-wrk

                           22659864   4166160  17342648  20% /mnt

xyzsbc1:~#

 

 

4.   システム復旧

 

何らかの事情でCC/NETSBC上のコンパクトフラッシュ中のLinuxシステムを壊してしまった場合には、システムの復旧が必要になる。 そのための手段としてCC/NETにはシステム復旧用のCD-ROMが添付されている。 このCD-ROMにはKNOPPIXシステムが構築されている。 このKNOPPIXシステムはCC/NET用に再構築したものであり、CC/NET用のLinuxシステムを復旧するためのファイルが組み込んである。 以下に、CC/NET用のLinuxシステム復旧CDを使用した、システム復旧法の手順を述べる。

 

.

コンパクトフラッシュの最大書き込み回数を超えたために、メディアのハードウェアが破壊されてしまった場合には、この復旧法で復旧することはできない。 

 

 

4−1.  ハードウェア接続

 

 システムの復旧をするには、KNOPPIXシステムが動作可能なPCが必要である。 CC/NETSBC上で、システムの復旧をすることはできない。 USBコネクタとCD-ROMドライブを実装したPCを別に用意する。 用意したPCUSBコネクタに、CC/NETに添付されているUSBコンパクトフラッシュ カードリーダー/ライターを接続する。 カードリーダー/ライターのコンパクトフラッシュのコネクタにはシステム復旧に使用する512MBのコンパクトフラッシュのメディアを装着する。 そして、CC/NET用のLinuxシステム復旧CD を、ドライブにセットしPCを起動する。 復旧作業はローカルに行えるので、ネットワークは接続されていなくてもかまわない。

 

 

4−2.  KNOPPIXシステムの起動

 

KNOPPIXブートローダーが起動すると、”BOOT: ”とプロンプトが表示される。 ここでknoppix と入力しエンター・キーを押すとKNOPPIXのブート処理が開始する。 ”BOOT: ”とプロンプトが表示された時に “F2”キーを押すと起動オプションを見ることができる。 KNOPPIX起動の途中でフリーズするような場合にはブート・オプションを指定することで正常に立ち上がることもある。 例えば、SCSIデバイスの実装されていないPCを使用してKNOPPIXを起動しようとしている時、ブート時のSCSIデバイスのチェックのところでフリーズしてしまうことがある。 この場合は、knoppix noscsi のように入力すると正常に立ち上がれることもある。 ここで注意すべきことは、knoppix  nousb というブート・オプションは入力しないことである。 このように入力してしまうと以降のLinuxシステムの復旧作業でUSBコンパクトフラッシュ カードリーダー/ライターにアクセスできなくなるので注意すること。

 

 

4−3.  Root特権の取得

 

KNOPPIXのシステム上で行うシステム復旧の作業は、すべてrootの特権で行う。 KNOPPIXシステムでrootの特権を取得するには2通りの方法がある。 1つの方法は Root Shell を使う方法でもう1つの方法は sudo コマンドを使う方法である。 Root Shell を使うには、KNOPPIXが立ち上がった後の画面の左下隅にある Kメニュー」から「KNOPPIX」→「RootShell」を選択する。 そうするとrootのアカウントでコンソールが開く。 このコンソールで行う作業はすべてrootの特権で行われる。 一方、sudoコマンドを使う方法は次のようにする。 KNOPPIXの画面の下端にあるツールバーに配置してある「コンソール」のアイコンをマウスでクリックする。 あるいは、「Kメニュー」→「システム」→「コンソール」を選択する。 これで、ユーザ名knoppixでコンソールが開く。 このコンソールは一般ユーザの特権しか持っていない。 このコンソール上で sudo –s” と入力しエンター・キーを押す。 そうすると、以降このコンソール上で行われるコマンド操作はすべて rootの特権で行われることになる。

 

 

4−4.  コンパクトフラッシュの準備

 

Linuxシステムを復旧する前に、コンパクトフラッシュのメディアに対してやっておかなければならないことを示す。

 

 

4−4−1.  パーティショニング

 

         コンパクトフラッシュ上にパーティションを作成する。
 
root@ttyp0[mnt1]# fdisk /dev/sdb
 
コマンド (m でヘルプ): m
コマンドの動作
   a   ブート可能フラグをつける
   b   bsd ディスクラベルを編集する
   c   dos 互換フラグをつける
   d   領域を削除する
   l   既知の領域タイプをリスト表示する
   m   このメニューを表示する
   n   新たに領域を作成する
   o   新たに空の DOS 領域テーブルを作成する
   p   領域テーブルを表示する
   q   変更を保存せずに終了する
   s   空の Sun ディスクラベルを作成する
   t   領域のシステム ID を変更する
   u   表示/項目ユニットを変更する
   v   領域テーブルを照合する
   w   テーブルをディスクに書き込み、終了する
   x   特別な機能 (エキスパート専用)
 
コマンド (m でヘルプ): p
 
Disk /dev/sdb: 512 MB, 512483328 bytes
16 heads, 63 sectors/track, 993 cylinders
Units = シリンダ数 of 1008 * 512 = 516096 bytes
 
 デバイス ブート   始点      終点  ブロック   ID  システム
/dev/sdb1             1       993    500440+  83  Linux
 
コマンド (m でヘルプ): d
Selected partition 1
 
コマンド (m でヘルプ): n
コマンドアクション
   e   拡張
   p   基本領域 (1-4)
p
領域番号 (1-4): 1
最初 シリンダ (1-993, 初期値 1):
初期値 1 を使います
終点 シリンダ または +サイズ または +サイズM または +サイズK (1-993, 初期値 993):
初期値 993 を使いま
 
コマンド (m でヘルプ): p
 
Disk /dev/sdb: 512 MB, 512483328 bytes
16 heads, 63 sectors/track, 993 cylinders
Units = シリンダ数 of 1008 * 512 = 516096 bytes
 
 デバイス ブート   始点      終点  ブロック   ID  システム
/dev/sdb1             1       993    500440+  83  Linux
 
コマンド (m でヘルプ): w
領域テーブルは交換されました!
 
ioctl() を呼び出して領域テーブルを再読込みしま
ディスクを同期させま
root@ttyp0[mnt1]#
 
 

4−4−2.  ファイルシステムの作成

 
         コンパクトフラッシュ上にファイルシステムを作成する。
 
root@ttyp0[mnt1]# mke2fs -j /dev/sdb1
mke2fs 1.34-WIP (21-May-2003)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=1024 (log=0)
Fragment size=1024 (log=0)
125488 inodes, 500440 blocks
25022 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=1
62 block groups
8192 blocks per group, 8192 fragments per group
2024 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
        8193, 24577, 40961, 57345, 73729, 204801, 221185, 401409
 
Writing inode tables: done
Creating journal (8192 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done
 
This filesystem will be automatically checked every 21 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.
root@ttyp0[mnt1]#
 

4−4−3.  ファイルシステムのマウント

 

コンパクトフラッシュをKNOPPIXシステムのマウントディレクトリにマウントする。
 
root@ttyp0[mnt1]# mount -t ext3 /dev/sdb1 /mnt/sdb1
root@ttyp0[mnt1]# df -k
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位
/dev/root                 1971      1662       309  85% /
/dev/cdrom              635994    635994         0 100% /cdrom
/dev/cloop             1528028   1528028         0 100% /KNOPPIX
/dev/sdb1               484602      8239    451341   2% /mnt/sdb1
root@ttyp0[mnt1]#
 
               これで、コンパクトフラッシュの準備は完了である。
 

 

4−5.  復旧用ファイルの展開

 

KNOPPIXシステムに組み込んであるCC/NETLinuxシステムファイルを、コンパクトフラッシュ上に展開する。

 
root@ttyp0[mnt1]# cd /mnt/sdb1
root@ttyp0[sdb1]# tar xzf /KNOPPIX/TOYO/compact.tar.gz
root@ttyp0[sbin]# e2label /dev/sdb1 /
root@ttyp0[sbin]# e2label /dev/sdb1
/
root@ttyp0[sbin]#
 
 

4−6.  GRUBのセットアップ

 
コンパクトフラッシュのMBRGRUBをインストールする。
 
root@ttyp0[sbin]# pwd
/mnt/usr/local/sbin
root@ttyp0[sbin]# ls -l grub
-rwxr-xr-x    1 root     staff      396365 2003-10-21 14:45 grub
root@ttyp0[sbin]# ./grub
Probing devices to guess BIOS drives. This may take a long time.
 
 
    GRUB  version 0.93  (640K lower / 3072K upper memory)
 
 [ Minimal BASH-like line editing is supported.  For the first word, TAB
   lists possible command completions.  Anywhere else TAB lists the possible
   completions of a device/filename. ]
grub> root (hd2,0)
root (hd2,0)
 Filesystem type is ext2fs, partition type 0x83
grub> setup (hd2)
setup (hd2)
 Checking if "/boot/grub/stage1" exists... yes
 Checking if "/boot/grub/stage2" exists... yes
 Checking if "/boot/grub/e2fs_stage1_5" exists... yes
 Running "embed /boot/grub/e2fs_stage1_5 (hd2)"...  16 sectors are embedded.
succeeded
 Running "install /boot/grub/stage1 (hd2) (hd2)1+16 p (hd2,0)/boot/grub/stage2 /boot/grub/menu.lst"... succeeded
Done.
grub> quit
quit
root@ttyp0[sbin]# 
 
root@ttyp0[sbin]# cd /
 
root@ttyp0[/]# umount /mnt2
 
 これでCC/NET用のLinuxシステム復旧は完了である。 
 
        .
           "root (hd2,0)" および "setup (hd2)" のコマンドで指定するハードディス
          クの番号は、ユーザの使用環境によって変わる。 この例で示した環境では、
              内蔵IDEハードディスク               :  /dev/hda    hd0
              外部USBディスク                        /dev/sda    hd1
              USB-コンパクトフラッシュR/Wアダプタ     /dev/sdb    hd2
          となっている。
 

 

4−7.  KNOPPIXシステムの停止

 

 KNOPPIXシステムを停止するには、「Kメニュー」 → 「ログアウト」をクリックする。 処理は自動的に行われ、CD-ROMメディアを取り出すようにメッセージが表示される。 メディアを取り出した後、エンター・キーを押すとPCの電源がオフされてKNOPPIXシステムの停止が完了する。

 

 

4−8.  作成したコンパクトフラッシュを起動

 

 KNOPPIXシステムが停止したら、USBコンパクトフラッシュ カードリーダー/ライターから512MBのコンパクトフラッシュメディアを取り外す。 CC/NETの電源がオフになっているのを確認してから、作成したコンパクトフラッシュのメディアをSBCに装着する。 ネットワークケーブル等を接続した後、CC/NETの挿してあるCAMACクレートの電源をオンにする。 CC/NETに接続したディスプレーおよびキーボードを使って、もしくはネットワークからCC/NETにログインして、SBC上のLinuxシステムが正常に動作していることを確認する。

 

 

5.   CC/NET用のLinuxシステムの入手

 

CC/NET用のLinuxシステムはWeb上で公開している。 以下に示すURLのサイトから入手できる。

http://www-online.kek.jp/~inoue/Parallel-CAMAC/kits/index.html

 

 

5−1.  公開サイト上のファイル

 

上記のサイトには、CC/NET用のLinuxシステムを圧縮したファイル(150MBサイズ)そのものと、CC/NET用のLinuxシステムを KNOPPIXシステムの中に組み込んだもの(700MBサイズ)が置いてある。 ユーザは使い易い方のファイルをダウンロードして利用することができる。